エサの付け方


◆オキアミ◆(タイ・イサギ等)
一匹掛け 抱き合わせ オキアミ(エビ)がまっすぐに
なるように、つけましょう。

(エサが水中で回らないよう
にするため)
ちょっとした工夫で釣果倍増です

◆身エサ -サンマ等- ◆(メダイ・ヒラマサ等)
半身またはその半分を皮を
内側、身を表にしてチョン掛
けする。
半身かその半分を身が表に
なる様、丸める。
(のり巻の様に)
サンマのブツ切りは、中骨を
ぬいてひっくりかえして
(身が表)チョン掛け。
どの付け方も身が表、皮が内側が基本です

◆コマセのまき方◆
● 須崎船でのコマセ釣りは、上からのタナどりが基本です。(コマセカゴから水面まで)
  タナどりには、道糸の色をかぞえて正確なタナどりをしましょう。
  道糸の基本は一色が
10m×5色で1mごとに白ぬきの印があります。
  (リールのカウンターはどうしてもくるいがちです)
● 仕掛けの投入はコマセカゴ(オモリ)からいれて、仕掛けは後に入れること。
  手前まつり、船のスクリューへの巻き込みを防ぐためです。
● 食いの悪いときには、指示ダナより仕掛けの長さ分くらい下げて、コマセをまきながら
  指示ダナまで上げてくる。
● 船のなかで誰かにアタリがあった時には、いつも以上にコマセまきに力を入れよう。
■ その他わからないこと、困ったことはなんでも船長に聞いてみましょう ■